株式会社アリス館

お知らせ

ニュース

とよたかずひこのポッポー通信vol.1

ポッポーきかんしゃ』発売記念として、とよたかずひこさんに「制作秘話」をお願いします!と言ったところ、

お題をくださいというお返事でした。

とよたさんは今まで「でんしゃにのって」「コトコトでんしゃ」を出されていて、でんしゃ(きかんしゃ)がテーマの絵本では、3冊目となります。どうして、そんなにでんしゃの絵本ばっかり? という疑問がわいてきました。

そこで第一回目は、「ポッポーきかんしゃ」ができたきっかけは? という質問です。

こんな感じで何回か、とよたさんと「ポッポー通信」を続けていけたらと思っています。

toyota0806_1.jpg

toyota0806_2.jpg

「ポッポーきかんしゃ」は、幼少期の思い出が元になっているんですね。

びっくりしたのは、とよたさんが子どものときは、機関車が普通に走っていた! ということで聞いてみると、

機関車と電車の両方が走っていたとのことでした。

もうひとつ気になったのは、「正確な描写」という言葉。

とよた少年は、子供のときから、観察して描くということをしていたんですね。

次回の質問は、うーん、何にしましょう。

ききたいことはまだまだありますが、

次回は、「正確な描写」をしたくなる、「きかんしゃ」の魅力とは? 

でお願いしたいです。

これを読んでいる読者の方、とよたさんに何か質問したいことありますか?

もし質問ありましたら、アリス館のお問い合わせよりメールをください。

その際は、件名を「とよたさんに質問」としてくださいね。

ということで、第一回ポッポー通信おしまいです。

ポッポーきかんしゃ』大好評発売中です!