株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

なぞなぞでおやしきたんけん

/

なぞなぞでおやしきたんけん表紙
なぞなぞでおやしきたんけん画像
なぞなぞでおやしきたんけん画像
おばあちゃんのお屋敷にやってきたさやちゃんは、小鳥となぞなぞ遊びをすることに。金魚やピアノなどがなぞなぞを出し、それに答えながら、さやちゃんは次々といろんな部屋を探検していきます。なぞなぞでお話が進んでいく、楽しい絵本。
石津ちひろ/文 こみねゆら/絵
4歳から
32ページ
20cm×25cm
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752007319
配本日2015年11月20日
ご注文について
アマゾンで買う 楽天で買う
石津ちひろ(いしづ ちひろ)
愛媛県生まれ。絵本作家、翻訳家。『なぞなぞのたび』でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』で三越左千夫少年詩賞を受賞。絵本に『なぞなぞのみせ』『ことばあそびどうぶつえん』『たんけんケンタくん』、訳書に「リサとガスパール」シリーズなど多数。アリス館での著作に『かくれんぼどうぶつえん』がある。

こみね ゆら
熊本に生まれる。東京芸術大学絵画科、同大学大学院修了。フランスに留学して絵本、人形の仕事を始める。帰国後、フランスと日本の絵本や挿し絵の仕事を手がけている。絵本に『ちいさなおひっこし』『おばあさんのうちへ』『トトコのおるすばん』『おさんぽ』『トリッポンのこねこ』『初雪のふる日』など。『さくら子のたんじょう日』で日本絵本大賞絵本賞を受賞。アリス館で『菜緒のふしぎ物語』の挿画などがある。