株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

あるひはるがきていました

あるひはるがきていました表紙
あるひはるがきていました画像
あるひはるがきていました画像
ふうちゃんはある朝めざめると、光のまぶしさから「春がきた!」と感じて飛び起きます。お人形をつれて庭や池を見に行くと、そこここに春がきていて、花も虫も、みんなににこにこ顔になっています。春の訪れを五感で感じる絵本。
小渕もも/作
2-3歳から
24ページ
B5変型判
定価(本体1,200円+税)
ISBN9784752007081
配本日2015年3月20日
ご注文について
アマゾンで買う 楽天で買う
小渕もも(おぶち もも)
神奈川県出身。桑沢デザイン研究所研究科卒業。広告雑誌のイラスト、舞台美術、テキスタイルデザインなどのかたわら、個展でオリジナルの作品を発表。2001年から海外で居場所を移しながら創作を続け、2004年から2008年まで、タイのチェンマイに住み、エイズの孤児施設で子どもたちと絵を描きながら創作活動をする。絵本に『ナナちゃんとササちゃん』『きのうえのトーマス』(福音館書店)、挿画の本に『希望への扉 リロダ』(アリス館)など。