株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

ねこのこね

/

ねこのこね表紙
ねこのこね画像
ねこのこね画像
花盛りの春から夏、秋、冬になり、最後はふたたび氷が割れて春へ。美しい四季の景色の中、猫の子が主人公のように、言葉に合わせて楽しく動きまわる。
回文や折り句などの日本の言葉遊びもまじえた、8編の詩を楽しめる絵本。
石津ちひろ/詩・おくはらゆめ/絵
5歳から
48ページ
21×21cm
定価1,430円(税込)
ISBN9784752010081
配本日2022年5月13日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
石津ちひろ
1953年、愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。
『なぞなぞのたび』(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。
絵本に『あしたうちにねこがくるの』(講談社)、『おかしなおかし』(福音館書店)、『バレエのおけいこ』(ブロンズ新社)、「こねこのきょうだいかぞえうた」シリーズ(ビーエル出版)など。詩集に『ラヴソング』『ほんとうのじぶん』(理論社)、訳書に「リサとガスパール」シリーズ(ブロンズ新社)など多数。

おくはらゆめ
1977年、兵庫県生まれ。辻学園日本調理師専門学校卒業。
『くさをはむ』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』(童心社)で日本絵本賞、『わたしといろんなねこ』で小学館児童出版文化賞を受賞。
絵本に『まんまるがかり』(理論社)、『やきいもするぞ』(ゴブリン書房)、『おしょうがつのかみさま』(大日本図書)、『ようかいしりとり』(こぐま社)など。幼年童話に『わたしといろんなねこ』(あかね書房)、『よるのまんなか』(理論社)、『きつねのしっぽ』(小峰書店)など多数。


tameshiyomi_banner.png