株式会社アリス館

本をさがす

自然と科学の本

しってる?水族館のにんきもの

がんばるセイウチ

/

がんばるセイウチ表紙
水族館の人気者でありながらあまり知られていない動物を、生き物たちの語りも入れながら楽しく紹介。
初めてショーに出る、セイウチの女の子。先輩たちを見ながら、一生懸命練習するよ。さあ、上手にできるかな?
松橋利光/文・写真  杉田比呂美/絵
4歳から
26ページ
27cm×21cm
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752008262
配本日2018年2月23日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
松橋利光(まつはし としみつ)
1969年、神奈川県生まれ。高校卒業と同時に水族館の飼育係となり、展示解説用の写真を撮りはじめる。1996年、フリーカメラマンとして独立。カエルや鳥、水の生き物などを独自の視点でとらえるとともに、ユーモアのある発想で絵本も手がける。
著書に『生きものつかまえたらどうする?』(偕成社)、『飼育員さんおしえて! ラッコのひみつ』『里のいごこち』(新日本出版社)、『ずら~りカエル  ならべてみると...』『へんないきものすいぞくかん ナゾの1日(以上、アリス館)などがある。

杉田比呂美(すぎた ひろみ)
1959年東京生まれ。絵本の他、本の装画、挿絵など多く手がける。『12にんのいちにち』(あすなろ書房)で第20回日本絵本賞を受賞。絵本に『風たんてい日記』、『ひとりぼっちのくうくう』(ともに小峰書店)、『ポモさんといたずらネコ』(理論社)、『散歩の時間』(晶文社)、『ゆうだちのまち』(アリス館)、共著に『ダーウィンのミミズの研究』(福音館書店)などがある。