株式会社アリス館

お知らせ

ニュース

夏におすすめの本

あつい夏にぴったり!夏休みにぴったり!な本をあつめました。

『うみのそこたんけん』 中川ひろたか/文 澤野秋文/絵

うみのそこたんけん表紙.jpgうみのそこたんけん見開き.jpg

「海の底はどうなっているんだろう」とつぶやくと、海坊主があらわれて、海の水を飲み干してしまう。

海底温泉などで、様々な不思議な生き物に出会う。

カバーの裏には深海生物が登場するすごろくも。すみずみまで楽しい絵本です。

『海のぷかぷか ただよう海の生きもの』 高久至/写真 寒竹孝子/文

ぷかぷか表紙.jpg

ぷかぷかみひらき.jpg

ぷかぷか、ふわふわ......海面近くをただよう生きものが、海にはたくさんいます。目に見えないほど小さなものから、魚や、エビ・カニ、イカ・タコなどのこどもたち。「ぷかぷか」たちのすがたのふしぎさ、形のおもしろさを紹介します。

『チリとチリリ うみのおはなし』 どいかや/作 

 

チリとチリリが自転車に乗って洞窟をぬけると、そこは海の世界。さんごの迷路を進んだ先には...?

美しくにぎやかな海の様子を描きます。

『ぺんちゃんのかきごおり』 おおいじゅんこ/作

あつ〜い夏は、かきごおり!ぺんちゃんといっしょにかき氷をつくろう!ちょっとよくばりなぺんちゃんは...?

めくって楽しいしかけ付き絵本。