株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

まよなかのせんろ

まよなかのせんろ表紙
まよなかのせんろ画像
まよなかのせんろ画像
みんなが寝静まったまよなか、働きはじめる車輛と人たち。
最終電車から一番電車までの限られた時間のなか、みんなの安全を守るため、線路のゆがみやずれをなおす、「えんのしたの力もち」の仕事を紹介します。
鎌田歩/作
5歳から
32ページ
AB判
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752007708
配本日2016年11月24日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
鎌田歩(かまた あゆみ)
東京生まれ。おもな作品に「なんでもあらう」、「空港のじどうしゃ」「路線バスにのろう!」(福音館書店)、「はこぶ」(教育画劇)、挿絵、装丁に「歩く」(ルイス・サッカー著)、「ダーティ・ドラゴン」(キャロル・ヒューズ著)などがある。


読者の声

毎日寝る前に必ず読まされます。
マルチプルタイタンパーについての本が少なく、
探していたので、息子は大喜びでした。
絵も写実的で正確で、とてもすばらしいです!(30代・女性)

図書館で借りましたが、返した後も暗記して「マルチプルパピパ!!」と言ったり、「ウィーン」と擬音語を真似したり、楽しそうでしたので、購入しました。絵がわかりやすく、丁寧で、子供の想像がふくらむようです。電車やはたらく乗り物の本を期待しています。(30代・女性)

『マルタイが』『マルタイの…』
主人がよく口にする言葉です。いつも何のことやらわかったつもりで聞いていましたが…
学校からのYBC指定図書(読書感想文)として申込書をみてこの本を知りました。
まさに主人の仕事です。子供たちは主人から聞く仕事の話に興味シンシン…!
この本のお陰で、パパの仕事振りがイメージできそう。主人も、「おお、まさにさっきしてきた(笑)スゴイ本だね」と嬉しそう。読み聞かせで1年5年に読みます♪ (30代・女性)

しらないことが いっぱいで たのしかった (6歳・男の子)

家の前が駅でもの心つく前から電車や検測車を見るのが楽しみで隣駅にマルチプルタイタンパーが停まっているのを見て図鑑と照らし合わせていたところへ、インスタグラムでこの本の存在を知り、とてもタイムリーに知りたい列車だったので、2人のクリスマスプレゼントに選ばせていただきました。
とても喜んでくれて、日は浅いですがなんども読み聞かせています。    (40代・女性)


親子で楽しく毎日読んでいます。
線路が整ったのを読み終えると、息子もスッキリしたようで、
「おやすみなさーい」とぐっすり寝てくれます。
父子で楽しめる本をありがとうございます。     (30代・男性)


独特の視点、魅力的なイラストと構成。
子供たちも大のお気に入りです!  (40代・女性)


マルチプルタイタンパーを使って、軌道・整備工事をする会社の社員です。
毎晩、線路の歪みを直し続けるという、ほとんど誰も知ることのない仕事を主題に絵本を作っていただきありがとうございました。オペレーターがマルタイの機器類を操作する場面は本当に正確に書かれていて、「プラッサー社」のマルタイだとよくわかります。作業後に「人の手で確認する」と書いてあったことも嬉しいです。一番最後の頁の通りが良く綺麗なカーブの線路を見て、感動しました。   (50代・女性)