株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

なぞなぞでおばけやしきたんけん

/

なぞなぞでおばけやしきたんけん表紙
おばあちゃんのお屋敷にやってきたふうたくんを、ちょっと怪しげなしゃべる猫が出迎えます。おばけのなぞなぞに答えると、からかさおばけが傘入れから飛び出してきて…全部で11のおばけが、次々となぞなぞを出します。
石津ちひろ/作 大島妙子/絵
4歳から
32ページ
22×26cm
定価1,540円(税込)
ISBN9784752010197
配本日2022年7月29日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
石津ちひろ
1953年、愛媛県生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。
『なぞなぞのたび』(フレーベル館)でボローニャ児童図書展絵本賞、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。
絵本に『くだものだもの』(福音館書店)、『あのねこは』(フレーベル館)、『バレエのおけいこ』(ブロンズ新社)、「こねこのきょうだいかぞえうた」シリーズ(BL出版)など。詩集に『ねこのこね』(アリス館)など。

大島妙子
1959年、東京都生まれ。 出版社勤務を経て、1993年『たなかさんちのおひっこし』(あかね書房)で絵本作家デビュー。 主な作品に『ジローとぼく』(借成社)、「オニのサラリーマン」シリーズ(福音館書店)、『当世落語絵本 母恋いくらげ』(理論社)、『ゆうれいなっとう』(アリス館)など多数。近年の作品に『タヌキの土居くん』(福音館書店)、『しっぽや』(こぐま社)、『すっとびこぞう!』(小学館)などがある。