株式会社アリス館

本をさがす

自然と科学の本

ぼくのすいぞくかん

たんけん!ウニすいぞくかん

/

たんけん!ウニすいぞくかん表紙
たんけん!ウニすいぞくかん画像
たんけん!ウニすいぞくかん画像
海底にある、ウニの水族館を探検!ふにゃふにゃのウニやぺったんこのものなど、姿形の多様性や、脳や心臓のない体のつくりなど、ウニの不思議を紹介。ウニのとげを取ったら?カラの中は?なども。約40種のウニたちが登場します。
絵●ともながたろ
監修●田中颯/幸塚久典
文●なかのひろみ
4歳から
32ページ
24×20cm
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752009528
配本日2021年1月18日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
ともながたろ
大分県別府市生まれ、1985年より東京在住。
こどもと魚をメインに描く。化石魚、古生代の生物、深海生物、水生動物、プランクトン・・・の他、ヘンテコ架空生物を生み出すのも得意。立体作品も作ります。絵本の絵に、「ずら〜りウンチならべてみると...」「絵本・すいぞくかん」シリーズ全7巻(アリス館)、「にたものずかん どっちがどっち!?」(学研)など。

なかのひろみ
子どもの本の編集者、ライター。主に自然の本を作っている。絵本の仕事に、「絵本・すいぞくかん」シリーズ全7巻、「すいぞくかんのみんなの1日」(アリス館)、「う・ん・ち」「うみべであそぼう」「どうぶつえんで あそぼ」全12巻(福音館書店)など。

田中颯(たなか はやて)
京都出身。海から離れた街で生まれたため、海の生き物の知識の大部分は図鑑で知りました。そんな図鑑の中でも、陸のどんな生き物と似てもつかない姿をしたウニやヒトデといった棘皮動物に魅了され、将来は棘皮動物を研究したいと考えるようになる。後に東京海洋大学で学士号(海洋科学)、東京大学で修士号(理学)を取得。国立科学博物館筑波研究施設にて海産無脊椎動物研究室の指導の下、ウニ綱の系統分類学的研究を専門に研究してきました。現在はライフワークとしてウニの分類学的研究を進めつつ、たくさんの人にとって生物学が身近に感じられるようなYouTube チャンネル『ゆるふわ生物学チャンネル』を開設するなど、色々な活動をしています。

幸塚久典(こうづか ひさのり)
東京都生まれ。葛西臨海水族園でアルバイト後、のとじま水族館の飼育技師、環境コンサルタント会社の研究員、長崎ペンギン水族館の学芸員を経て、現在は東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所の技術専門職員として勤務。水族館時代から棘皮動物が大好きになり、現在に至ります。専門は棘皮動物(とくにウミシダ類)の発生学や分類学ですが、仕事柄、さまざまな海で生物調査なども行っています。