株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

いろんなでんしゃ はっしゃしまーす

いろんなでんしゃ はっしゃしまーす表紙
いろんなでんしゃ はっしゃしまーす画像
いろんなでんしゃ はっしゃしまーす画像
ぼくはでんしゃにのるのが大好き。お父さんと、お母さんと、友達と、いろいろな電車に乗ったよ。
最後は新幹線に乗って、おばあちゃんの家へ!
岡本雄司/作
3歳から
32ページ
24×22cm
定価(本体1.300円+税)
ISBN9784752009108
配本日2020年1月29日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
岡本雄司(おかもと ゆうじ)
神奈川県生まれ。画家、絵本作家。
主に木版画の技法を用いて、旅先で見る風景や乗り物をテーマにした作品を発表している。絵本作品に『でんしゃにのったよ』『くるまにのって』『れっしゃがとおります』(以上すべて福音館書店)がある。


原画展を開催します! 2020.1.20
2020年1月29日(水)から2月19日(水)まで、茗荷谷にありますてんしん書房さんで、『いろんなでんしゃ はっしゃしまーす』の原画展を行います。
詳細はこちらをご覧ください!


『いろんなでんしゃ はっしゃしまーす』ぬりえPDF 2020.3.3
絵本に入っているリーフレットから、18の電車をA4サイズのぬりえにしました。
下のバナーよりダウンロードできます☆どうぞお楽しみください。

※私的使用の範囲内でお楽しみください。

読者の声

2才になった息子に、新しい絵本を探しに書店に行きました。電車大好きな息子。この絵本を見るなり「こまち!!」と本を開きはじめ「はっしゃしまーす」と読んであげると、息子も「はっしゃしまーす!!」と大喜び。絵もリアルでいろいろな電車が出てくるので楽しんで読んでいます。息子のお気に入りの一冊になりました。(30代・女性)

「でんしゃにのったよ」で岡本さんのファンになりました。絵から感じられる登場人物の優しさがとても好きです。てんしん書房での原画展に行くことができましたが、版画を貼り重ねた厚みに迫力を感じました。息子は物語の世界に入りつつありますが、この本も彼の大切な本になることを願っています。(40代・男性)

電車にドハマリ中の息子のために買いました。毎回、こまちのページで雄叫びをあげています。きれいでカラフルな絵を私も気に入っています。
「このえほんにとうじょうするでんしゃ」を絵本と一緒に子どもたちと見て照合させてます。(30代・女性)

本屋に行ったら息子2人が表紙を見て「これ読みたい!」と言ったので迷わず購入しました。乗ったことのある電車がたくさん載っていて大興奮!寝る前は必ず読んであげます。というか、「読んで!」と持ってきます。
(30代・女性)

おもしろかったです。(5才・男の子)

生活圏内の電車や風景も多く、また、すこし遠くの乗ったことのある電車もあり、親子共々「これは大井町だ!」「江ノ電の305形、のったことある!」などなど、楽しかったです。ありがとうございました。子供は、絵本を見ながら電車の絵を描いていました。(40代・女性)

「でんしゃ!もっかーい!」「でんしゃ!もっかーい!」と毎日何度も読んでいます。
絵がとてもかわいくてみごたえがあり、親も楽しいです。ごじょうしゃくださーい、はっしゃしまーすのくり返しが面白いようです。(20代・女性)

絵本に出てくる電車がわかる冊子があり、絵本を見ながらコレ!と指でさして喜んで読んでいました。関西時在住のため見たことのない電車ばかりで楽しく読みました。版画のあたたかみのある絵が素敵でした。(30代・女性)

「でんしゃにのったよ」に出会ったのが2才のとき。以来息子にとって不動の第1位をキープしています、今回新作が出たことを知り、誕生日ということもあり購入いたしました。岡本さんの絵のタッチが母も大好きで、「ぼく」の名前はわかりませんが、息子とオーバーラップしてしまうところもあり、親近感があります。園から帰宅し、この絵本を見つけた時のことを考えると、今から私もワクワクします。もし叶うなら是非関西の電車、とりわけ阪急のお話を書いていただけたらと思いお便りいたします。今回のお話を読んで東京の電車に乗せるのが今後の楽しみになりそうです。(40代・女性)

私の好きな江ノ電305のイラストが4ページにわたって描かれており思わず買わせていただきました。特に鎌高前を上空から見た構図がとても気に入りました。(50代・男性)