株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

ふゆのはなさいた

/

ふゆのはなさいた表紙
ふゆのはなさいた画像
ふゆのはなさいた画像
はじめての冬を迎えたこねずみが、池のそばで泣いていると、「泣くのはやめてよ」金魚が顔を出しました。「だって僕、ひとりぽっちなんだもの」と泣き続けるこねずみに、勝気な金魚は……? 心あたたまる友情の物語。
安東みきえ/文 吉田尚令/絵
4歳から
32ページ
AB判横長
定価(本体1500円+税)
ISBN9784752009092
配本日2019年11月22日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
著者サイン色紙プレゼントキャンペーン実施中!

安東みきえ(あんどう みきえ)
山梨県甲府市生まれ。
1994年に「ふゆのひだまり」で第11回小さな童話大賞(毎日新聞社主催)、「いただきます」で、同選者賞今江祥智賞、2000年に『天のシーソー』で第11回椋鳩十児童文学賞、2018年に『満月の娘たち』で第56回野間児童文学賞を受賞。
主な作品に『頭のうちどころが悪かった熊の話』(新潮文庫)『星につたえて』(アリス館)などがある。

吉田尚令(よしだ ひさのり)
大阪府生まれ。
絵本の作画を中心に活動 。『希望の牧場』(森絵都作/岩波書店)で、IBBYオナーリスト賞を受賞。
絵本作品に『悪い本』(宮部みゆき作/岩崎書店)『はるとあき』(斉藤倫・うきまる作/小学館)『星につたえて』(アリス館)、挿絵を手がけた作品に『雨ふる本屋』(日向理恵子作/童心社)など多数。

読者の声

5歳女児と3歳男児の孫に読み聞かせようと思い、インターネットで購入しました。まずは一人でゆっくり読みました。絵をみていると、なんだか心がほっこり、あたたかくなりました。気持ちが癒されるのです……。自分が子どもの頃の時を思い出し、息子や娘が小さかった頃を思い出し、孫たちの成長を楽しみに、日々過ごしていきたいと思います。そして、"友だち"って良いな……って、この絵本を読んで、つくづく思うのでした。
(59歳・女性)

家庭文庫をしています。大人の方向け絵本をたのしむ会を月1回バイト先の書店でしています。12月の会で読もうと思います。安東さんのおはなしは本当にすてきです。
(51歳・女性)