株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

ぼく、アーサー

/

ぼく、アーサー表紙
ぼく、アーサー画像
ぼく、アーサー画像
愛情に囲まれて育ち、様々な経験をして盲導犬になった、アーサー。ノリオさんとパートナーになり、旅行に行ったり、雪道で迷ったり…一緒に乗り越えてきたが、年をとってノリオさんとはなれることに。人と動物の関係を描く物語。
井上こみち/文 堀川理万子/絵
4歳から
40ページ
25×19cm
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752008163
配本日2018年10月11日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
井上こみち
埼玉県に生まれる。日本児童文芸家協会会員。1983年、新聞社募集の童話入選作が出版されたのを機に作家活動に入る。人と動物のふれあいをテーマにしたノンフィクションを多く手がける。『海をわたった盲導犬ロディ』(理論社)で、第一回日本動物児童文学賞受賞。『カンボジアに心の井戸を』(学習研究社)で、第28回日本児童文芸家協会賞受賞。『往診は馬にのって』(校正出版社)で第6回福田清人賞受賞。作品に『犬の消えた日』『ディロン〜運命の犬』(幻冬舎文庫)など多数。映画の原作となった作品もある。

堀川理万子
1965年東京生まれ。東京芸術大学大学院修了。テンペラで描いたタブローによる個展を定期的に開くとともに、絵本作家、イラストレーターとして活動している。「今昔物語絵本」シリーズの『権大納言とおどるきのこ』『きえた権大納言』のほか、『氷河鼠の毛皮』『おへやだいぼうけん』『げんくんのまちのおみせやさん』『くまちゃんとおじさん、かわをゆく』などの作品がある。