株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!

/

アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!表紙
アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!画像
アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!画像
アイスが大好きな女の子。メニューを見ながら「どれにしよう…」と悩んでいると、「わたしをえらんで!」と、アイスたちのショーが始まりました。いろいろなアイスたちが、楽しいことば遊びで、「ごあいさつ」をしていきます。
林木林/文 わたなべあや/絵
4歳から
32ページ
AB判
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752008415
配本日2018年6月20日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
林木林(はやし きりん)
詩を中心に、童謡、言葉遊び、絵本、作詞など、言葉にまつわる作品を幅広く手がける。
創作絵本に『おちゃわんかぞく』(白泉社)、『あかり』(光村教育図書)、『コケコックさん』『ふたごのたこたこウィンナー』(ひさかたチャイルド)ほか多数。翻訳絵本に『でんごんでーす』(講談社)、「いたずらえほん」シリーズ(ブロンズ新社)などがある。

わたなべあや
食べ物を主人公にした、ユーモアあふれる絵本を描いている。
絵本の作品に『なっとうぼうや』(学研)、『ごめんやさい』(ひかりのくに)、『ショコラくんのおこさまランチ』(教育画劇)、『おせちいっかのおしょうがつ』『おたんじょうびのケーキちゃん』(佼成出版社)、『ごはんのとも』『えだまめきょうだい』(アリス館)などがある。

読者の声

「ごはんのとも」から、わたなべあやさんのファンです。子供達も可愛い絵にひかれ、
ふしをつけながら読むと、まだ小さい頃のように、今日も楽しんんでくれました。
アイスクリームは3人共大スキ。
もう長女は中学生になりましたが、夜の読み聞かせ再開です! (44歳・女性)

とってもおもしろかった
キャラクターがかわいかった  (6歳・女性)

絵がとてもかわいくて、ほっこりします。
元気がないときに元気が出そう! (37歳・女性)

4歳になった娘にプレゼントしました。
どれをすすめても決められなかった娘が、私がこの本は?と見せたら、即、これにするー!!と。
帰ってから早速読んで、このアイスがいい〜!これと!これと!と読んでいてもすごく楽しんで聞いていました。
大人の私も、ワクワクする楽しさで、絵本の中にひきこまれていく感じです。
もう一回、続き読むー!と、昨夜は布団の横に置いて寝ました。起きたら早速また読んでー!
今までにないくらい楽しんでおり、絵を見ているだけでも楽しめる大切な一冊になりました。
(46歳・女性)