株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

灰屋灰次郎 灰はございー

灰屋灰次郎 灰はございー表紙
灰屋灰次郎は「灰屋」を営んでいる、ちょっと大きな顔の、やさしいおじさん。
灰次郎の商売が繁盛しているところを見た元弟子の銀五郎は、灰次郎の財産を奪う計画を練りはじめて…。江戸の裏長屋を舞台に、様々な人の姿を落語調に描く、人情絵本。
飯野和好/作
4歳から
32ページ
AB判
定価(本体1,400円+税)
ISBN9784752008187
配本日2017年12月 1日
ご注文について
アマゾンで買う 紀伊國屋書店で買う 楽天で買う
飯野和好(いいの かずよし)
1947年埼玉県秩父生まれ。絵本に、『わんぱくえほん』 (偕成社) 、『ハのハの小天狗』 (ほるぷ出版) 、『しゃべる詩・あそぶ詩・きこえる詩』 (冨山房) 、『そうじき』『あるのかな』 (すずき出版) 、『妖怪図鑑』 (童心社) 、『あくび』 (文渓堂) 、『むかでのいしゃむかえ』( 福音館書店) 、挿絵に『方言どこどこ?』、『おもちゃ屋のクィロー』 (以上福音館書店) 『すいしょうゼリー』 (ほるぷ出版) 、『スズナ姫』 (偕成社) などがある。