株式会社アリス館

新刊情報

書名

サメだいすきすいぞくかん

危険で悪者と思われがちなサメですが、500種類のほとんどはおとなしく、色形や性格、食べ方や泳ぎ方もいろいろ。水族館を見学するお話仕立てで、世界のサメを楽しく紹介。パノラマ水槽など見所たくさんの、可愛いサメの絵本です。
絵●ともながたろ 監修●中谷一宏 文●なかのひろみ
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

みえるとか みえないとか

宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、なんと目が3つあるひとの星。普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」とか「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」とか言われて、なんか変な感じ。ぼくはそこで、目の見えない人に話しかけてみる。目の見えない人が「見る」世界は、ぼくとは大きくちがっていた。
ヨシタケシンスケ/さく 伊藤亜紗/そうだん
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

おっぱいごりら

パパはお胸をポコポコたたいて、ママは授乳の真っ最中。そしてばあばもおっぱいを!?パパの「ぱ」、ママの「ま」、ばあばの「ば」は、赤ちゃんが大好きな音です。何回読んでも楽しいですよ。
聞かせ屋。けいたろう/文 ひろかわさえこ/絵
定価(本体800円+税)
詳しく見る
書名

たっちだいすき

犬、猫、ウサギ、パンダに赤ちゃん。みんながハイタッチしたくて、待っています。1才くらいになると、やって来るハイタッチブーム。絵本の動物とタッチして遊んだ後は、親子でタッチ。みんなでタッチ。赤ちゃん参加型絵本です。
聞かせ屋。けいたろう/文 ひろかわさえこ/絵
定価(本体800円+税)
詳しく見る
書名

まなぶ

人は何を学ぶのだろう。どうして学ぶのだろう。世界で出会った子供たちのさまざまな表情を見せながら、新しいことを知り、自分の世界が広がっていくことの喜び、まなびの場、まなぶことの意味を伝える。
長倉洋海/文・写真
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!

アイスが大好きな女の子。メニューを見ながら「どれにしよう…」と悩んでいると、「わたしをえらんで!」と、アイスたちのショーが始まりました。いろいろなアイスたちが、楽しいことば遊びで、「ごあいさつ」をしていきます。
林木林/文 わたなべあや/絵
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

ピーマンのにくづめだったもののはなし

ピーマンの肉詰めが石につまずき、お腹のお肉がぽーん! 飛び出たお肉は、ピーマンのお腹に戻ってくれません。さあ、どうなる?
若井麻奈美/作
定価(本体1300円+税)
詳しく見る
書名

ねるじかん

なかなか寝ようとしない男の子。すると、ドアが曲がって見えたり、窓の外に何かが飛んでいたり、迷子の恐竜がいたり…と不思議なことが次々に起こる。子供たちだけに見える夜の世界を、迫力の絵で想像力豊かに描く。
鈴木のりたけ/作
定価(本体1,500円+税)
詳しく見る
書名

アザハタ王と海底城

小さな魚やエビたちに、アザハタ王のお城は大人気。国民を敵から守ったり、お城が砂に埋もれないように手入れしたり。ひとつの社会をけんめいに守って生きるアザハタと、海の生きものたちの意外なつながりを、美しい写真で紹介。
高久至/写真 寒竹孝子/文
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る