株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

書名

ようこそ! ティールームことりへ

「ティールームことり」はヤマガラ一家が3代で営む喫茶店。孫娘カーラは最近思うことがあって…。懐かしいぬくもりのある絵本。
どいかや/文 伊藤夏紀/絵
定価(本体1400円+税)
詳しく見る
書名

じめんのしたにはなにがある

ミニカーを木の下に埋めようと思ったら、根っこがあって大変。地面の下は、根っこだらけなのかな?
土の中にも生き物がいる。そういえば、地下から水や温泉が出るのはなぜ?
どんどん地下深くに想像が広がっていきます。
中川ひろたか/文 山本孝/絵
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

あーん! はがぬけない

私は、かけっこ一番。歌もダンスも大好き! でもひとつだけ大きな悩みがあるの。それは、歯が一本も抜けてないこと。お母さんもおじいちゃんも大丈夫って言うけど、このまま抜けなかったらどうしよう。おとなになっても、子供の歯ブラシ。おとなになっても、子供のはみがき粉、おとなになっても、子供のコップ・・・どうしよう。 子どもの成長を応援する絵本。
くすのき しげのり/作 ゆーち みえこ/絵
定価(本体1300円+税)
詳しく見る
書名

タイヤタイヤ だれのタイヤ

小さなタイヤは、車。大きなタイヤは、ダンプカー。じゃあ、たくさんあるのは? タイヤがあって、ページをめくるとのりものが。いろんなタイヤといろんなのりものが登場! 形に興味がわき、想像がひろがる絵本です。
そく・ちょるうぉん/作
定価(本体950円+税)
詳しく見る
書名

みえるとか みえないとか

宇宙飛行士のぼくが降り立ったのは、なんと目が3つあるひとの星。普通にしているだけなのに、「後ろが見えないなんてかわいそう」とか「後ろが見えないのに歩けるなんてすごい」とか言われて、なんか変な感じ。ぼくはそこで、目の見えない人に話しかけてみる。目の見えない人が「見る」世界は、ぼくとは大きくちがっていた。
ヨシタケシンスケ/さく 伊藤亜紗/そうだん
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

アイ・アイ・アイスクリーム・ショー!

アイスが大好きな女の子。メニューを見ながら「どれにしよう…」と悩んでいると、「わたしをえらんで!」と、アイスたちのショーが始まりました。いろいろなアイスたちが、楽しいことば遊びで、「ごあいさつ」をしていきます。
林木林/文 わたなべあや/絵
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

ピーマンのにくづめだったもののはなし

ピーマンの肉詰めが石につまずき、お腹のお肉がぽーん! 飛び出たお肉は、ピーマンのお腹に戻ってくれません。さあ、どうなる?
若井麻奈美/作
定価(本体1300円+税)
詳しく見る
書名

ねるじかん

なかなか寝ようとしない男の子。すると、ドアが曲がって見えたり、窓の外に何かが飛んでいたり、迷子の恐竜がいたり…と不思議なことが次々に起こる。子供たちだけに見える夜の世界を、迫力の絵で想像力豊かに描く。
鈴木のりたけ/作
定価(本体1,500円+税)
詳しく見る
書名

れいぞうこからとーって!

うさぎは大根、ねこはエビを、冷蔵庫から探します。ねずみの家は小さい冷蔵庫がいっぱい。魔女の冷蔵庫は?探し絵をしながら楽しめる絵本。文以外のものも繰り返し探せるように、庫内のものを全部書き出したリストもあります。
竹与井かこ/作
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

もぐらはすごい

公園のもりあがった土は、だれのしわざ?じつは、もぐら!大きな手にある秘密、土の中のくらしに合った目や耳、驚きの食べっぷりなど、「もぐらってすごい!」という土の中の世界の感動を、ユーモアのある絵と文で紹介。
アヤ井アキコ/作 川田伸一郎/監修
定価(本体1,500円+税)
詳しく見る