株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

書名

たびする木馬

木馬のブランは、長い年月を経て、楽しいことも、悲しいこともある旅をします。背景と馬の変化で物語が進む、木馬定点絵本。
牡丹靖佳/作
定価1,650円(税込)
詳しく見る
書名

いろいろのりもののりたいな

カーリーとミニは「きょうはどんな乗り物にのりたい?」と話しながら、想像を膨らませます。町を走るバス、救急車やパトカー、さらには電車。海へ出て、船や潜水艦、宇宙まで行って、ロケットやUFOまで!世界が広がります。
おおでゆかこ/作
定価1,540円(税込)
詳しく見る
書名

なぞなぞでおばけやしきたんけん

おばあちゃんのお屋敷にやってきたふうたくんを、ちょっと怪しげなしゃべる猫が出迎えます。おばけのなぞなぞに答えると、からかさおばけが傘入れから飛び出してきて…全部で11のおばけが、次々となぞなぞを出します。
石津ちひろ/作 大島妙子/絵
定価1,540円(税込)
詳しく見る
書名

バスが来ましたよ

全盲になった男性が、小学生に助けられながら続けた、バス通勤。「バスが来ましたよ」その声はやがて、次々と受け継がれ…。小さなひとこと、小さな手。でも、それは多くの人の心を突き動かした。小さな親切のリレーの物語。
由美村嬉々/文 松本春野/絵
定価1,540円(税込)
詳しく見る
書名

プールのくまのこ

れいちゃんがビニールプールで遊ぼうとしたら、プールの中にクマたちが!そのなかには、水の外が怖いのか、なかなか顔を出さない黄色のクマが。れいちゃんは、あの手この手で誘い出します。いっしょに体験することの喜びが伝わってきます。
種村有希子/作
定価1,430円(税込)
詳しく見る
書名

ねこのこね

花盛りの春から夏、秋、冬になり、最後はふたたび氷が割れて春へ。美しい四季の景色の中、猫の子が主人公のように、言葉に合わせて楽しく動きまわる。
回文や折り句などの日本の言葉遊びもまじえた、8編の詩を楽しめる絵本。
石津ちひろ/詩・おくはらゆめ/絵
定価1,430円(税込)
詳しく見る
書名

おいなりさん

あたまがいなりずしのおいなりさん。ちゃがらを使って掃除したり、ぞうきんがけしたり。でも、いなりずしが大好物の人にかじられそうになって……! ユーモアあふれるおいなりさんの暮らしをちょっとのぞいてみませんか。
もとしたいづみ/文
中川学/絵
定価1,540円(税込)
詳しく見る
書名

あかちゃんがきた!

赤ちゃんがうちに来て、ぼくはお兄ちゃんになった。赤ちゃんの頭をなでなでしたり、ほっぺをこちょこちょしたり…。でも急に泣き出してびっくりしちゃった。初めてお兄ちゃんになった喜びや戸惑いを描く幸せあふれる絵本。
サトシン/作 松本春野/絵
定価1,430円(税込)
詳しく見る
書名

ありんこトロッコ

ありんこトロッコの車掌さんのアリポンが、みなさまにありんこの巣の中をご案内! 絵を探して、迷路で遊んで、お楽しみください♪
おおいじゅんこ/作
定価1,320円(税込)
詳しく見る
書名

オーリキュラと庭のはなし

小さな庭にやってきた、わがままで美しい花・オーリキュラ。そこでさまざまな出会いをし、最後は荒れ果てた庭で、自分もほとんど枯れながらも、小さな命のためにひっしで花を咲かせようとします。悲しくも幸せな、成長物語。
前田まゆみ/作
定価1,650円(税込)
詳しく見る