株式会社アリス館

本をさがす

おはなしの絵本

書名

星につたえて

クラゲには、星に伝えたい言葉がありましたが、再び流れてくるのを待つ間に老いてしまって……? クラゲと流れ星の愛しい物語。
安東みきえ/文 吉田尚令/絵
定価(本体1500円+税)
詳しく見る
書名

灰屋灰次郎 灰はございー

灰屋灰次郎は「灰屋」を営んでいる、ちょっと大きな顔の、やさしいおじさん。
灰次郎の商売が繁盛しているところを見た元弟子の銀五郎は、灰次郎の財産を奪う計画を練りはじめて…。江戸の裏長屋を舞台に、様々な人の姿を落語調に描く、人情絵本。
飯野和好/作
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

ゆきのあかちゃん

空で生まれたゆきのあかちゃんは、白鳥に出会い、暖かいところにいくと、自分がとけてなくなってしまうことを知る。最後は女の子の手の中で水になってしまうが、温もりから、何度も生まれ変わっていることを思い出す。
宮田ともみ/作
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

ペンギンホテル

動物たちが泊まりに来る、海の上のペンギンホテル。オーロラを見たいライオン、家族でたのしむシロクマ、人と待ち合わせをしているキツネ…最後は、プレゼントを配り終えたサンタさんが、深夜にやってきます。
牛窪良太/作
定価(本体1,400円+税)
詳しく見る
書名

トーストン

「月曜日、トーストンはジャムさんにあいました」
食パンのトーストンは、曜日ごとにさまざまな食材と出会い、おいしいトーストンに変身!
日曜にはだれにも会いませんでしたが…毎日の食事が楽しくなる絵本。
新井洋行/作
定価(本体1,300円+税)
詳しく見る
書名

あやしい妖怪はかせ

家に妖怪がいる気がしたモリオは「妖怪のことならなんでもおまかせを 妖怪博士」と書かれた館を訪れる。ユーモラスな妖怪絵本。
小森香折/文 西村繁男/絵
定価(本体1400円+税)
詳しく見る
書名

さわこちゃんと10人のおひめさま

白雪姫やシンデレラなど10人のお姫様が出てきて、工作名人のさわこちゃんに悩みを相談。楽しい工作でつぎつぎに解決していきます。ドレスやケーキ、部屋飾りなど約30種の工作。絵本のページと工作のページが交互に登場します。
おはなし・絵/さこももみ 工作/丸林佐和子
定価(本体1,500円+税)
詳しく見る
書名

うし

うしがうしろをふりかえったら、うしがいた。そのうしろのうしがうしろをふりかえると、やっぱりうしがいた……。どんどんふえて、さて、どうなる?
くりかえす言葉のリズムが楽しい、ナンセンス絵本。
内田麟太郎/詩 高畠純/絵
定価(本体1,300円+税)
詳しく見る